読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五条の比較的自由な日記

ツイッターだと短くて書けないようなことを書くためのブログ

ギャルゲー且つソシャゲの「スクールガール・ストライク」をやってみた話

スクエニが作ったスクールガールストライクというアイフォンゲーをプレイした感想です。(私はipadでプレイしてたけど)

 

私はスクエニの社員ではなく、むしろスクエニの面接落ちたのでステマ的要素は一切含まれていない自由なレビューであることを約束されています。

 

インストールのきっかけはCMで花澤香菜の声がしたから。私はそんなに声優が好きではないが、ナンバーワン声優は結構好きだ。「スクストで検索!」とか言ってたけど、まちがって「ガルストで検索」してしまったので実は苦労した(私が入社していたらそのようなことは無かっただろうに)。

 

初めにムービーとか会話シーンとか流れるけど、そういうのは私は全部飛ばすタイプの幽波紋なので、飛ばそうとしたけど、これはギャルゲーだということを思い出して踏みとどまった。ギャルゲーというジャンルの定義は、

 

「ゲームシステムは非常につまらなくても、登場してくる女のことを好きになる設計に成っているので、実際のゲームの部分はジャンケンでもマルペケでも、最悪ゲームと呼べる部分が存在しなくてもいいというジャンル」

 

だと私は思っている。なのでよく「ドラクエVはギャルゲー」という人がいるけど、別にビアンカとフローラの件が核というわけではないので、あれはギャルゲーではない。艦これはゲーム部分がゴミなのでギャルゲー。

 

話をスクストに戻す。学園()の司令官みたいなキャラが自キャラで、自分の姿は一切見えないのが主人公。学園()の5人いる女生徒が自分の手下で、そいつらが次元の間に居る敵を倒す。というのだけ覚えておけばこのゲームはなんとかなる。

 

以下細かく言う。

・メモカ()というアイテムでパワーアップ。女生徒一人につき2個装備できる

・課金()でガチャ()を引いて強いメモカも手に入る

・最初は学園()の手下の女生徒は5人だが、メモカと同時に女生徒もドロップするので、いっぱいいる女生徒の中から自分の選りすぐりの5人を選ぶ

・次元の狭間の敵を探索(というかクリック)するのにスタミナ()を消費する

・敵には基本負けることが無いので、ひたすら探索するというゲーム

うまく行けば1分位でスタミナを全部使い切る

・戦闘はサカつくみたいに自動で行われる。スキップ可能

・戦闘は次元の狭間と対戦の二種類。対戦で勝つためにいいメモカが欲しい

・対戦モードに入ると対戦相手を10人くらいから選べるんだけど、相手の攻撃力とHPの両方が優っていれば10割方勝てるので、弱い相手をカモる行為が対戦だと言える

カモ対戦に勝つとアクセサリのガチャ()を引けるポイントがもらえて、自分の女生徒にアクセを付けれる

・携帯ゲーにしては結構ポリゴンとかモーションがいいので見ているだけでも意外と楽しい

・まだ未体験だが、このゲーム「告白される」ということがあるようだ。告白され方がどうなるか非常に楽しみ。

 

以上です。とりあえず告白されるまではプレイしようと思います。私がスクエニの面接落ちたのは気にせずに、スクールガールストライク楽しむといいよ。