読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五条の比較的自由な日記

ツイッターだと短くて書けないようなことを書くためのブログ

親知らず抜歯講座

雑記

最後の親知らずを抜いた私です。

 

というわけで、経験者の私が親知らずの抜歯について語ります。今まで抜歯経験の無かった私の体験談なので、みんなに当てはまるかどうかは不明ですので悪しからず。

 

親知らずは上と下で難易度というか辛さ見ないなのが格段に異なります。上がラクで下がキツイです。初めて抜いた親知らずは上でした。医者が「この親知らず虫歯になってるんで抜きます?」と聞いてきたので、「じゃお願いします。」とか言ったら、いきなり抜く準備仕様としたので、「うわー、次回にしてください!」と言ったのを覚えているが、やたらあっさり抜けた上に、痛みも殆ど無かった。術後も特に何も指示されなかったし、薬の処方もなかった。ビビって損した。

 

次が下の親知らずx2。下の親知らずでよくあるナナメというかヨコに生えているパターンで、「健康な歯に影響があるので抜きましょうか?」というパターン(よくあるらしい)。

 

医者が、「抜いたらなんか障害が残る可能性がある」とか言ってたけど、かなり確率は低そうだった。ただ、医者が結構長々と説明してるのが私をビビらせた。左右でチョロい方から抜いたが、確か1.5時間位だった。これは歯を割った後にスルッ!と抜くタイプ。抜いた後の痛みは結構あったが、全然あり得る範囲でビビるほどではない。

 

もう片方の下の歯が神経が近いらしくてヤバかった。これは皮膚を切ったあとに歯を割って縫うタイプ。時間は多分2時間ちょい位かかった。歯根が抜けなくてグリグリされたのを覚えている(痛みはなかったけど)。手術が終わった後、「歯が痛みますので薬飲んでください」って言われて、「痛むの決定かよ!」とか思った。んで、一週間後くらいに抜糸ってパターン。

 

「タバコ吸ったら血が出るので吸わないでね。」って言われて「そんなわけあるかよ!」とか思って吸ったら、血がドボドボでて吹いた。

 

それで今回の最後が上の歯。麻酔されてしばらく待たされてる間、「麻酔切れるんちゃうか?」とか思ってた。待たされた後、「ハイ抜きますね→終わりました」の間がわずか1分足らず!よっぽどチョロかったんだなーと。大したこと無いのに痛み止めと抗生物質出された。二日後の今、すでになんの違和感もなく噛める。

 

要するにあんまりビビらない方がいい